プロジェクト管理ソフト Project Canvas

プロジェクト管理ソフト

工程管理

ガントチャート

工程表ソフト

Rumix

詳しい情報

*

バージョン間のデータの互換性について

● 予定数量・実績数量を使う場合、なるべく、全員がver 1.6.0以降を使うようにして下さい。
[説明] 下の対応表を参照して下さい。

● ver 1.1.6 までと 1.2.0 以降の混在環境はお勧めできません。
[説明] Project Canvas ver 1.2.0 以降は、ver 1.1.6 までとデータファイルの形式が異なります。Project Canvas 1.2.0 以降 で、ver 1.1.6 までで作成されたファイルを開くと、ver 1.2.0 の形式に自動変換して読み込まれ、保存することで変換が確定します。一方、ver 1.2.0 形式のファイルを、ver 1.1.6 までのProject Canvasで開くことはできません(「開けません」というエラーメッセージが表示されます)。
 ver 1.2.0 以降 で共有ファイルを編集すると、前のバージョンをお使いのユーザーからはファイルが開けなくなります。ver 1.0.x, ver 1.1.x から 1.2.0 以降 へのバージョンアップは無料ですので、グループでお使いのお客様は、同一データを共有する皆様が、バージョンアップを行って下さいますようお願い致します。
 なお、ここでいう「編集」とは、列の表示/非表示の変更や、共有モードとシングルモードの切り替えも含みます。ご注意下さい。

対応表:
プログラムの
バージョン
ファイル形式の
バージョン
説明
ver 1.0.0 〜 1.1.6 ver 1.0.0 と同じ ・ver 1.0.0 〜 ver 1.1.6 で作成または編集した、全てのファイルを開くことができます。
・ver 1.2.0 以降で一度でも編集したファイルは、開くことができません。
・欄外(*1)に示した、自動項目列「合計日数」に関する制約があります。
ver 1.2.0 〜 1.5.1 ver 1.2.0 と同じ ・ver 1.0.0 以降で作成または編集した、全てのファイルを開くことができます。
・ver 1.6.0 でスケジュールに設定した「予定数量」「実績数量」は見ることができません。また、「予定数量」が設定されているファイルにこれらのバージョンで進捗率を設定しても、ver 1.6.0 以降で開いたときには「予定数量」が優先され、進捗率はカットされます。逆に、これらのバージョンが ver 1.6.0 以降で設定した「予定数量」等をクリアしてしまうことはありません。 ・欄外(*1)に示した、自動項目列「合計日数」に関する制約があります。
ver 1.6.0 〜 2.4.0 ver 1.2.0 と同じ ・ver 1.0.0 以降で作成または編集した、全てのファイルを開くことができます。
・但し、ver 2.5.0 以降でルーラーを「年度」に設定したファイルを開くと、ルーラー部が表示されないか、直前に表示していたルーラーが残って表示されます。 ・欄外(*1)に示した、自動項目列「合計日数」に関する制約があります。
ver 2.5.0 〜 ver 2.6.0 ver 1.2.0 と同じ ・ver 1.0.0 以降で作成または編集した、全てのファイルを開くことができます。
・欄外(*1)に示した、自動項目列「合計日数」に関する制約があります。
ver 2.7.0 〜 ver 1.2.0 と同じ ・ver 1.0.0 以降で作成または編集した、全てのファイルを開くことができます。
(*1) 自動項目列「合計日数」「延べ合計日数」が選択された列は空欄に表示されます。また、その列見出しを編集した場合は自動項目設定を ver 2.7.0 以降で再設定する必要があります。


古いバージョン:
Project Canvas ver 1.1.6 (自己解凍型インストーラー)

※Project Canvasを古いバージョンに戻しても、一度新しいバージョンで開いて編集したデータファイルを、古いバージョンの形式に戻すことはできません。
Home > ダウンロード > 詳しい情報