プロジェクト管理ソフト Project Canvas

プロジェクト管理ソフト

工程管理

ガントチャート

工程表ソフト

Rumix

導入事例(貝印グループ様)

*

 今回は、Project Canvas の導入事例の取材で、貝印グループ 貝印刃物開発センターの、清水様にお話を伺います。


---まず、貴社の概要について教えて下さい。

 当社は、ディスポレザーのリーディングカンパニーです。また、カミソリや調理器具などの刃物だけでなく、家庭用品や美粧用品など様々な生活用品から医療用品までを生産しており、総合生活産業へと活動範囲を広げています。

---ありがとうございます。Project Canvas を、どのぐらいの規模でお使いでしょうか。

 約120のライセンスを契約し、KAIグループのいくつかの企業で利用しています。東京でも、開発センターのある岐阜でも利用しています。

---どのような業務に、Project Canvas を利用していらっしゃいますか。

 主に、商品の開発スケジュールの工程管理に利用しています。当社の製品は、生活用品など多岐にわたりますので、たくさんのプロジェクトを管理する方法を統一し、そのデータを最新の状態で共有することで、業務の効率化を図っています。

 プロジェクトの期間は様々ですが、半年から数年かかるものが主となっています。

---導入するにあたり、Project Canvas を選択した理由や決め手はありますか。

 ソフトを操作するにあたって、難しすぎず簡単に操作できることが重要でした。ややこしいソフトだと、せっかく導入しても結局は社員に浸透せず、利用が進まない恐れがあります。Project Canvas なら、そういった心配がなさそうだと感じられました。

 また、複数のメンバーでデータを共有することを主眼にソフトを選定していました。データを共有できるソフトは他にもありますが、他製品と比較して安価で簡単に情報共有ができる点が、魅力的でした。

---Project Canvas を導入して、業務の効率の向上など、成果は上がりましたか。

 今までは、スケジュール管理に関するデータは、個人で作成し個人で持っていました。それを共有することが出来るようになったため、皆が見えるようになりました。

 書式の統一という効果も見逃せません。皆が共通のソフトを使うことで、スケジュール表の書式・書き方が統一されましたので、すっきりと見やすくなりました。

 工程の日程調整に関しても、効率化が図れました。これまではメールや電話で行っていたものが、Project Canvas 導入後はキャンバス上でプロジェクトのメンバーとできるようになったので、これまでに比べてとても便利になりました。

---お使いになっている社員の皆様の評判はいかがでしょうか。

 直感的に使用できて分かりやすいと、好評を得ています。これまでよりも簡単にスケジュール表を作製できるようになったと喜ばれています。

---最後になりますが、何かメッセージがありましたらお願い致します。

 手頃に使えるソフトにめぐりえて、大変良かったと思っています。

 要望としましては、印刷する際に、大きな表でも一枚の用紙に入るよう印刷出来ると、いっそう便利になると思います。

---本日はお忙しい中、どうもありがとうございました。

(2007年4月)

リンク: 貝印グループ

Home > 納入実績 > 導入事例(貝印グループ様)