プロジェクト管理ソフト Project Canvas

プロジェクト管理ソフト

工程管理

ガントチャート

工程表ソフト

Rumix

検印欄

*
 印刷時に、検印欄を出力することができます。その方法を説明します。

印刷物に検印欄を出力するには
 「プロジェクト情報」タブで、「検印欄を印刷する」にチェックを付けると、検印欄が出力できます。印刷物が複数ページに渡る場合に、検印欄を全てのページに出力せずに1ページ目だけに出力する場合は、「先頭ページのみ」もチェックします。



 新規作成したプロジェクトファイルでは、デフォルトの検印欄が指定されています。上図の赤点線で示したリストボックスに表示されているものが、検印欄の見出しです。左の欄の見出しから順に並んでいます。上記の場合、次のような検印欄が出力されます。



 「編集」ボタンをクリックすると、検印欄を編集する画面が表示されます。検印欄は、直接編集することはできません。検印欄のパターンを記録したファイルを読み込んでコピーすることで作成します。「使用パターン」のドロップダウンリストボックスには、@PJCANVAS.EXEと同じフォルダ、A現在開いているプロジェクトファイルと同じフォルダ、に存在する検印欄ファイル(*.sgn)が読み込まれ、選択できるようになっています。他のフォルダにあるファイルからコピーするには、「ファイルを指定」ボタンをクリックします。



 なお、検印欄の出力に関する情報や、見出しの情報は、プロジェクトファイル(*.pjc)ごとの属性として保存されます。

検印欄パターンのファイルを作成するには
 メインメニューの[ツール]→[検印欄パターンエディタ]を選択することで、検印欄パターンのファイルを作成/編集することができます。初めて作成する場合は、まず[新規作成]ボタンをクリックします。既存のファイルを読み込んで編集する場合は[開く]ボタンをクリックします。



 検印欄は、任意の個数を横につなげた形で作成できます。見出しの文字列を、一行ずつ改行して入力して下さい。見出しのない検印欄は、空行を入力することで作成できます。また、見出し欄そのものもない検印欄は、半角の「!」を入力して下さい。上記の例では、下記のような検印欄となります。



 パターンを作成したら、「名前を付けて保存」をクリックして下さい。検印欄パターンは、xmlファイルとして保存されますが、拡張子は、検印欄ファイルであることが分かるように「.sgn」としておきます。
 検印欄の設定画面で[パターン作成]ボタンをクリックしても、同じウィンドウを呼び出してパターンの作成と編集ができます。この場合、現在読み込んでいるファイルを編集対象としたり、作成(編集)していたファイルをそのまま適用したりできます。

Project Canvasの導入  Project Canvasのインストール
Project Canvasの画面と操作  Project Canvasの起動  画面の構成  ルーラー  メニュー操作とキー操作
Project Canvasのデータと操作  データファイル      スケジュール  リンク  メモ  グリッドスナップ  クリップボード
Project Canvasの印刷  印刷  検印欄  線表のコピー
その他の機能  負荷グラフの利用  ファイルの整理  エクスポート  インポート  フィルタ  イナズマ線  検索と置換  バックアップ  ファイルの履歴  Schedule Board データの読み込み  プロジェクトセット
Project Canvasのカスタマイズ  休日のカスタマイズ  色ルール  よく使う形状  設定
Home > オンラインマニュアル > 現在のページ